飛鳥はかろうじて生きている

常時何かしらのフラグを背負って生きる男

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GAMES JAPAN FESTA 2009 in OSAKA 前半

行ってきました
朝っぱらまから電車にのって

感想はと言うととりあえず足が痛い、超痛い。
日ごろ如何に運動不足かというね・・・まぁ、そんな感じです。
あとは写真撮影は関係者以外アウトなようで、写真はとれませんでした。

FeniXさんから始まり、結構気になるお方も多いようですので久しぶりにがっつり書いていきます。

気になるお方は続くをクリック

※加筆・修正あるかも。勢いで書いてますので。

和歌山市内在住の私ですが、開場半時間前につきゃいいかなーと甘い見通しで7時半初のサザンに(近畿圏の方・大阪方面在住の方はわかりましょうが、南海電鉄が価格・時間面で有利だそう)乗り込み出発。
自慢のグーグルさんの案内で 和歌山市→天下茶屋→境筋本町→コスモスクウェア→ATC のルートで約二時間で到着。ホールの場所に迷って五分弱ロス、並んだのは開場40分ぐらい前の9時25分頃。
そこには既にゲート越えをして少しばかりの列、中の列を推し量れなかったが相当な数だったんだろう。
「二列になってお並びくださいー」の係員の声が聞えるが、一人で来た僕と横になってくれる人もおらず、前にはリア充カポーが、後ろには真性のDQerに挟まれるという、おおよそ地元じゃできない体験をしました。あと寒い、マジ寒い。コート着こんで震えてました。
10時、開場。さくさくと列が消費されていきます。僕らが内部に入った頃に200名限定の体験版は配布終了。オイこれ始発から来ないとダメなんじゃないか?と思いながら入場。アンケート用紙をもらった。5回ゲーム体験でソフト抽選会・アンケート回答で本体等のグッズ抽選会らしい

とりあえず最初に並んだのはSEGAのファンタシースターポータブル2コーナー、ぶっちゃけこれの配布物目当てで行きました。まぁ、並んで気づいたのですが、待ち時間「約90分ちょwwwまっwww
一ミッションするのに1時間半か・・・いや、待ち時間ってのは往々にして実際より多めに見積もるもんだ……なんて思いながら並んでました。丁度、他の人のプレイ画面も見えるので飽きもせず並べました。男女率は7:3 6:4ぐらい。ゲームイベント自体が男性率高いんじゃね?と思ってましたが、結構女性もおおくびっくり。ドラ相手に尻尾ばっかり切りに行ったり、ニュマ子がずっとセイバー振ってたりと色々内心突っ込みを入れてたらあっという間に過ぎました。こんなんでいいのか俺?

プレイした感想と言いましては「これは確実にモンハンを飲める。開発の方もその意気がある」といった感じでしょうか。
PSU時代のアタック×3でPA三段のごり押しオンラインから確実に成長しております。上手い人は、ギリギリの攻撃を回避したりJGのみの攻略もできるでしょう。アクションが苦手な人も、アイテムなど、装備を整えればある程度ごり押しでも進める難易度(デモ版ゆえかもしれませんが)になっており、まさにPSシリーズの経験者から、モンハンに飽きがきはじめてきた層、アクションが苦手だけど、雰囲気が好きな層。すべてが満足できる作品になってると思います。今冬の携帯ゲーム市場では色眼鏡抜きにして群を抜いてオススメできます。ブースの規模といい開発者、ひいてはセガさんの気合の入れ方がわかります。公式サイトでは体験版も配布しておりますので、気になる方はダウンロードして遊んでみるといいでしょう。自分もPSPを年明けに新調するので、期待大です!!

※操作キャラがソニック・エミー・テイルズ・チャオ でした、ナックルズ・・・

しかしまぁ、ここで結構足にきてます。ヤバイぐらい。(なんという運動不足/(^o^)\)
とりあえずどこを見ても列・列!・列!!時間と体力を天秤にひっかけても、えり好みしないと行き当たりばったりだと後悔します。もし次があればちゃんとある程度目標を立てて行ったほうがいいですね

PSP2の次に行ったブースは「Halo© 3 : ODST」私、このシリーズは1に特に思い入れがありまして、当時ほぼ無名といってよかったXBOXに突如として舞い降りた彗星。といいますか、毎日店頭の体験版にかじりついてました。それぐらいインパクトがありました。家庭用ゲーム史上では、ゴールデン・アイ以来のヒットじゃないんだろうか、そう思ったぐらいに。当時は本体を買うなんてことはありませんでしたが、当時の腕と記憶は箱○を買ったときに、大分活躍できました(あの時期にヒストリーパックを売り出したマイクロソフトさん、ありがとう)縁無くて買えなかった3ですが、体験して感じた驚きは当時のままでした。
家庭用のコントローラーにFPSの操作を違和感無くもってくる。というだけでも凄いことです。今回体験したのは「4人で襲い掛かる敵を、残機が残る限り倒す」というCOOPモードっぽいもの。最近、猫も杓子も・・・と思っちゃいけません。楽しいです、普通に。
1・2のみゆえかもしれませんが、画質がすごい。当時でも驚きの画質に感動をうけたものですが、今回はそれをさらに上回っていますね。操作性はほぼそのまま。キャラが通常兵士の設定なので、チーフさんみたくランボープレイできません、敵のロケット光線一発で宙を舞うとなんだか切なくなってきます……いかにチーフさんが世界の希望だったかわかりますね!
展開自体は俺がボロボロ死にまくる・操作、ヘッドあたらNEEEEEEE!で、実に散々でした。同席していた方がいらっしゃいましたらすいません。なんだかんだ言ってパッド操作ツラいっす。とはいえ、シリーズ経験者としてはストーリーも気になるところ、やっぱり3買うかなぁ……財布に相談っすね。

その頃、L4D2のあるZゲームコーナーは3時間待ち。個室状態で一人ずつ遊べるんですが、年齢確認等、かなりメーカー側も神経質になっておりました。えぇ、まぁ・・・よい子の皆さんはなるべく丸腰さんとFeniXさんの動画で楽しもうね!・・・え、違いますか。内容自体は例の体験版と同じようなので行きませんでした。三時間待ちは辛いし、足が

続けて人数の少ない所へ、スパイクさんの侍道3plusコーナーなんですが、前に一人いるだけのスッキスキだったので、なんだか心配になってました。販売方法もさんざん非難されてましたし。
それでも僕は侍道シリーズは大好きですね、たまたま友人に借りたソフトの中にこれがあって・・・あの雰囲気と自由度は、国産ゲームの中では群を抜いているのではないでしょうか。個人的にこのシリーズに求めるものといったら上に挙げた2つ以外ではストーリーです。圧倒的自由度を誇る本作ですが、ゲーム内にも3日、7日と制限時間があり、その時間を完全に自由に過ごすこともできますが、フラグを順々に立てることにより、ストーリーを進めることができるようにもなっております。
2は生放送もごらんになられた方も多いと思いますが、ついた視点ごとに話も変わり、キャラへの思いもそれだけ深まるというもんです。1では赤玉組シナリオ、2ではさよGOODが好きです。スパイクさんってその辺りのストーリーの展開のさせかたが上手いと思うんです。本当
キャラメイクは、1・2からは大きく進化してます。部分ごとのパーツを組み合わせてキャラをつくるのですが、ネタからガチまでスパイクさんのセンスが光っています。おなじみの装飾品も10つまでつけることが出来、精悍なイケメンを強めるのもよし、カッコいいオジサマに仕立てるのもあり、なんでもつけまくってカオスの権化に仕立てるのも。あなたの自由です、とキャラメイクの豊富さは驚きました。新しいプラットフォームになって、DLCの存在もあるので、今後もキャラメイクには無限の期待をもっていいかと思います。
ノリというか、雰囲気は相変わらず。チャチぃと捕らえるか、味のある展開と捕らえるかは人しだいですが、私としては相変わらずで満足しています。本作から、デモムービー中に、抜刀か土下座ができ、普通に言葉で選択肢を選ぶよりもぶっとんだ展開にもっていけます。他には、刀の刃を返す――いわゆる峰打ち状態や、素手での(厳密には蹴りや投げもある)戦闘も出来、某るろうにさながらの不殺の精神を地でいくこともできます。まさに日本が誇る箱庭ゲーの集大成といいますか、とにかく値段も今ではお手ごろなので、皆さんも財布に余裕があればやってみてはいかがでしょう?

と、ここまで走り書きで3つゲームを紹介しましたが、如何だったでしょうか?
残り4つほど体験したゲームもあるのですが、記事が不自然に長くなり、見づらくなってきたので、続きはまた記事を変えて書こうと思います。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<GAMES JAPAN FESTA 2009 in OSAKA 後半 | HOME | 動画うp>>

この記事のコメント

そういうおもしろイベントは俺も誘ってよ!!
ぎっくり腰だったけどね!
2009-11-16 Mon 23:11 | URL | イケメン #-[ 編集]
コンパニオンっていなかったのかな?ハァハァ・・・・・・・・。
2009-11-17 Tue 01:38 | URL | FeniX #-[ 編集]
このまえは、PCについてのアドバイスありがとうございました。
何かありましたらまたよろしくです(^^)

飛鳥さんもHALOやってたのですか!
いまでもPC版の無印をほしがってる友達がいますよ!!
2009-11-17 Tue 22:16 | URL | yuta #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。